ドッグスクール かぐら


ト ップページ

トレーナーの紹介

スクールご案内

パピートレーニング

訓練の種類

訓練の内容

訓練の流れ

お問い合わせ

特定商の表示

警察犬の種類

介助犬の訓練

トレーナー希望

雑記箱
  
  介助犬の訓練1


    


   
      



  

チョコラブ 一才のケン君です


愛知の警察犬訓練所から来ました


ケン君は、1年間ぐらいの訓練を経て介助犬になり


社会に出て行きます


訓練性能の良い子で、これから一般の服従訓練を受けます



1年間の訓練の進み方


服従訓練 家庭犬の服従訓練です


車椅子  車椅子への移行訓練


物品持来  基本的なダンベルの訓練


物品持来の応用 何でも命令で咥える様にします


誘惑訓練 食べ物などの誘惑訓練


利用者への移行訓練


実戦 (野外訓練)


オプション訓練 ドアを開ける・電気を点ける


以上が大まかなところです




基本服従訓練


スワレ 一声符で座ります   声符=言葉の符号の事


フセ すぐに伏せます


コイ すぐに足元まで来ます


マテ 足や尾を踏まれても待つようにします


今回、視符(手で出すサイン)は必要が無いため、言葉だけで訓練しています


簡単なようですが、一回で命令に従わせるのはすごく難しい事で


介助犬の訓練だからできるのではなく


全ての訓練の基本、一声符一動作で 動くよう


(スワレという動作を、一回スワレと言って座らせる事)


家庭犬も同じように、訓練しています


体形的には、介助犬になるため


去勢手術を受けなくてはならないので (介助犬法)


手術後の体重増加を予測して、自転車運動で体を引き締めています


次は 車椅子の訓練です

     
  



    次のページへ →

















                        Copyright (C) 2011 Dogschool Kagura All Rights Reserved.