ドッグスクール かぐら


ト ップページ

トレーナーの紹介

スクールご案内

パピートレーニング

訓練の種類

訓練の内容

訓練の流れ

お問い合わせ

特定商の表示

警察犬の種類

介助犬の訓練

トレーナー希望

雑記箱

    介助犬の訓練2



    

    車イスと歩行 訓練
    
    
    まず初歩の服従訓練で、自分の足に犬がカブる位付いて歩くよう
    
    脚側訓練を入れます
    
    移行法 何人かの指導主に付くよう訓練を入れてから、女の人に移行します
    
    こうする事によって車イスの訓練等も、使用者の方にうまく移行する事ができます

    他実働犬の訓練で難しい点は、実際の環境馴致訓練で 

    (介助犬の場合、外部の騒音 車イスの動作音等に反応しない為の音響訓練)

    ここできっちり訓練が入れば、電動の車イスでも動作に変わりはありません

         
        

    歩く速度も徹底的に落とし、他の犬を使って歩行中に交差をさせるなど
    
    誘惑訓練をします。

        
   
    落ちている食べ物や、ネコなども一切無視させます  

    車イスの歩行訓練が木の幹の部分ですので、これができれば後は咥える事や
    
    引っ張る事などのパーツを、貼り付けていくだけです  


    ← 前のページへ   次のページへ→
         







                     

                   
      

                 Copyright (C) 2011 Dogschool Kagura All Rights Reserved.